Home > スポンサー広告 > 【信道~NobuDou~】from:明和電機代表の土佐さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/90-1ca52ff9
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ケツダンポトフ

Home > スポンサー広告 > 【信道~NobuDou~】from:明和電機代表の土佐さん

Home > 決断インタビュー > 【信道~NobuDou~】from:明和電機代表の土佐さん

【信道~NobuDou~】from:明和電機代表の土佐さん

ゲンチ取材vol.19

明和電機代表の土佐さんに決断のお話を聞きに行きました!@東京おもちゃショー

tosasun.jpg
明和電機としては3代目

――アートユニット明和電機の名前の由来は。

父親が経営していた会社が“明和電機”といって、そこはちゃんとした会社だったんです。
そこが倒産しまして、土佐家の中では触れてはいけない話でした。
僕も暗い思い出だったので、忘れたかったんですね。

僕が大学にはいって芸術を学んでそれを発表しよう、というときに世の中がまた不景気になってきました。
父親がやっていた“明和電機”が倒産したときと似た空気が流れてきたんですよ。
それと、自分自身が子どもから大人になるにつれて、倒産したことを「いつまでもタブーのままにしておいてはいけない」って思うようになってきました。
自分の中の父性と向き合わなきゃいけないな、と。
エヴァンゲリオンと同じテーマね。

それで、“明和電機”という名前で活動を始めました。


――明和電機の活動で、どのような決断がいちばん多いですか。

ものづくりに関して、あまり決断はないですね。
アイデアやイメージは上から降ってくるので、万全の態勢で待ち構えて受け取って、それをかたちにしようってやりますから、悩んだり迷ったりはしないですよ。

大変なのはその後で、降ってきたものを現実的にしなければいけないんです。
「どの素材を使おう」「どこに頼もう」などですよね。

また、決断したいのにできないことはあります。
「この素材が使いたい」「この部品がいい」と思っていても見つからないときがあるんですよ。
決断する要素がないので、そのときは待ちます。
果報は寝て待て、というでしょう。
なので、そのことで迷ったり苦悩したりもなくて、ものすごくポジティブな性格なんです。


――「これは困った…!」ということはないのですか。

つくっていたものが壊れるなど、どうしようもないときはありますよ。
そういうときも、「よっしゃー」って思うんです。
その状況から持ち返していくことの楽しみ。
逆境は掴みだから、それを乗り越えて成長させていくんですよ。
逆境を楽しんで抜けていく。
わたしたちはそれを常識を超えるという意味で“ナンセンス”といいます。

常識は強烈なもの。
自分自身でそれを越えていくことはなかなかむつかしいことなので、心にコスプレをするんですよ。
「小説家の気分で考えてみよう」「スポーツ選手ならどうやるかな?」など、置き換えて考えてみること。
コスプレ発想法。
わたしも作業服(ブルーカラー)とワイシャツ(ホワイトカラー)で、「どっちなのおまえ!」って、両方の発想ができるように服からコスプレしているんです。


――「逆境のときほど、想像力は増す」と土佐さんはいいます。
生物も逆境のときに進化している、と。
どうしようもないときこそ、楽しんで乗り越えるというタフさ。



~土佐さんに誰の決断が聞いてみたいか聞きました~

・蛭子能収さん
・下町バームクーヘン直営店 武蔵小山店のおばちゃん

アポイントとってみます。



――インタビューのあとに明和電機さんの新製品の紹介をしていただきました。
その名も「オタマトーン」!

otamatone.jpg

楽器なんです。
インタビューlive動画で実演もしてるので、見てください!
9月発売、わたしこれほしいです。


――告知も少々。
8月23日(日) A4 SIZE BRAIN-A4サイズの脳-

土佐信道が制作のために描く大量のスケッチを見ると、発想の芽生えが、次第にリアルな形にしていく脳みその変化が、まるで「思考のX線写真」を見るようにご覧いただけます。
「ブリリア ショートショートシアター」の大画面で、土佐信道自身が「弁士」となり、声を出す機械のスケッチを、楽器演奏とともに紹介します。当日は、新商品お披露目イベントも開催、サイン会も行います。


9月12日(土) 魁!ナンセンス経営塾

明和電機の面白さは、既存のアートの枠からはみでた「美術的なおもしろさ」と、アートをプロダクトやコンテンツに落とし込んでいく「ビジネスのおもしろさ」があります。「魁!ナンセンス経営塾」では、豪華ゲストをお迎えし、「アートの視点」「ビジネスの視点」をテーマに、21世紀の新しい感性ビジネスの可能性をさぐります。


8月30日まで 山中俊治ディレクション「骨」展-つくられた骨、未来の骨-で「WAHHA GO GO」展示中です。


◆そらの◆



おまけ:東京おもちゃショー ダダ漏れLive 09/07/16

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/90-1ca52ff9
Listed below are links to weblogs that reference
【信道~NobuDou~】from:明和電機代表の土佐さん from ケツダンポトフ

Home > 決断インタビュー > 【信道~NobuDou~】from:明和電機代表の土佐さん

Live

>>PTFlive@Ustream<<
ダダ漏れテーマ曲♪

『ダ・ダ・ダ・ダダ漏れ』

携帯Site⇒music.jp
PC/iPhone⇒iTunes
QR
Categories
Schedule list

月表示
RecentEntry+Comment
Archives
RSSリンクの表示

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。