Home > スポンサー広告 > 「トークライブ『犬と、いのち』をめぐって」をダダ漏れしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/427-c4b2768f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ケツダンポトフ

Home > スポンサー広告 > 「トークライブ『犬と、いのち』をめぐって」をダダ漏れしました

Home > イベント生中継 > 「トークライブ『犬と、いのち』をめぐって」をダダ漏れしました

「トークライブ『犬と、いのち』をめぐって」をダダ漏れしました

【放送日5月5日】

『犬と、いのち』は殺処分されていく実態を綴った写文集。
編集者の石黒謙吾(@ishiguro_kengo)さん、作家の渡辺眞子(@mako_w)さん、ストリッパーでルポライターのヨーコさんを迎えて、生々しい写真とセンターの現状などが語られました。
モデレーターはフリーライターの本橋康治(@y_motohashi)さん。

20100505-1.jpg
左からヨーコさん、渡辺さん、石黒さん
紹介された写真は至って普通の写真に見えるものもあるのですが、そこに渡辺さんやヨーコさんの解説が加わることでその写真の本当の部分が見えてくるようでした。
たとえば、段ボールから犬が顔をひょこんと出しているもの。
「かわいい」の一言で済みそうなのですが、本当は定点収集(飼わない犬・猫を自治体で収集するもの)のため段ボールに入れて持ってこられた犬が顔を出してしまった写真。

20100505-2.jpg
モデレーターの本橋さん

ほかにも、ヨーコさんが詐欺に遭ったアニマルセラピー系のNPO団体の話や、わたしたちには何ができるのという話も。

このトークショーのダダ漏れ依頼をいただいたとき、「泪なしではできないな」と思いました。
殺処分の現状です、テレビの特集でもありますが、そういう悲しいものなのだろう、と。
実際は不思議とかなしいという感情はほとんどありませんでした。
なんでだろうな、と考えたときに理由はソーシャルストリームかも知れないと思いました。
リアルタイムに同じものを見ているひとたちが、様々な意見や思うことを文字にして投稿する。
「殺処分をなくすために、ペットを飼う人にはバカ高い税金を」「結局お金なの?」「ドイツは殺処分0件なんでしょ」など、映像と一緒にいろんな意見を聞くことによって単なる悲しい現実じゃなくなっていき、思考が次の“考える”というステップに行くのかな。



◆そらの◆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/427-c4b2768f
Listed below are links to weblogs that reference
「トークライブ『犬と、いのち』をめぐって」をダダ漏れしました from ケツダンポトフ

Home > イベント生中継 > 「トークライブ『犬と、いのち』をめぐって」をダダ漏れしました

Live

>>PTFlive@Ustream<<
ダダ漏れテーマ曲♪

『ダ・ダ・ダ・ダダ漏れ』

携帯Site⇒music.jp
PC/iPhone⇒iTunes
QR
Categories
Schedule list

月表示
RecentEntry+Comment
Archives
RSSリンクの表示

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。