Home > スポンサー広告 > ARCommons二回目のシンポジウムをダダ漏れしてきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/365-076eec09
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ケツダンポトフ

Home > スポンサー広告 > ARCommons二回目のシンポジウムをダダ漏れしてきました

Home > イベント生中継 > ARCommons二回目のシンポジウムをダダ漏れしてきました

ARCommons二回目のシンポジウムをダダ漏れしてきました

【放送日3月10日】

ARCommons二回目のシンポジウム

20100310.jpeg
弁護士の牧野先生による「AR空間は誰のもの?」という基調講演からはじまり、おなじみの時間の短いパネルディスカッションでは「拡張する都市」「拡張するミュージアム、または、拡張する芸術表現のプラットフォーム」「拡張する物語」「拡張するビジネス・モデル」と現実世界とAR空間の関わり方のおはなし。
AR関係のお話を聞くと、いつも「こんなことが!?」と驚いてしまいます。
同時に、次はどんなとんでもないことが起こるのだろうと期待をせざるを得なくなる。
楽しくて仕方ないですね。

わたくしごとで恐縮ですが、シンポジウムの内容とはまったく違う話を少しさせてください。
昨年の5月からウェブカメラで自分をはじめとする様々なものをインターネットlive動画で流してきました。
実は、昨年7月のARCommonsキックオフシンポジウムが正式にご依頼を受けて自分たちで放送したいちばん最初のダダ漏れなんです。
当時はウェブカメラに無理やり三脚をつけて、音声のラインアウトを直接パソコンに入れて、心配なのでモニタリング役の上司も会場に来て…。
たくさんプレッシャーを受けながら、セカイカメラに感動しながら、配信したのを今でも覚えています。
そのころに比べれば機材もパワーアップ、放送準備をするのもわたしひとりで事足りるようになりました。
iPhone3GSに続く原点のひとつがARCommonsであることは間違いないです。
あの当時の感覚、忘れかけていたものを思いだしました。

まだまだミスもするし、一人前とは言い切れないけれども、ちょっとだけ自分の成長も見れたようなそんな一日でした。

【動画】
【1】AR Commons 2010:Odyssey to the Unknown
【2】AR Commons 2010:Odyssey to the Unknown
【3】AR Commons 2010:Odyssey to the Unknown
【4】AR Commons 2010:Odyssey to the Unknown
【5】AR Commons 2010:Odyssey to the Unknown
【6】AR Commons 2010:Odyssey to the Unknown
【7】AR Commons 2010:Odyssey to the Unknown

◆そらの◆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/365-076eec09
Listed below are links to weblogs that reference
ARCommons二回目のシンポジウムをダダ漏れしてきました from ケツダンポトフ

Home > イベント生中継 > ARCommons二回目のシンポジウムをダダ漏れしてきました

Live

>>PTFlive@Ustream<<
ダダ漏れテーマ曲♪

『ダ・ダ・ダ・ダダ漏れ』

携帯Site⇒music.jp
PC/iPhone⇒iTunes
QR
Categories
Schedule list

月表示
RecentEntry+Comment
Archives
RSSリンクの表示

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。