Home > スポンサー広告 > 民主党本部突撃ダダ漏れしてきました! 二回目です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/205-f8785032
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ケツダンポトフ

Home > スポンサー広告 > 民主党本部突撃ダダ漏れしてきました! 二回目です

Home > ノンジャンル生中継 > 民主党本部突撃ダダ漏れしてきました! 二回目です

民主党本部突撃ダダ漏れしてきました! 二回目です

民主党本部突撃してきました。
二回目です。

前回と違って、本部の前は閑散とした様子。
テレビ局の車もなければ、溢れかえる人もなし。
この前と同じくらいの警察の人数だったのでしょうが、無駄に多いように思えるくらいでした。
今回は、民主党本部に用事ではなく、「民主党本部に集まってきている既存のマスコミのみなさんに『記者クラブの開放について 賛成or反対』と質問をしに」行ったのです。

本部へ向かう道すがら、一回目の職質。
インターネットで生放送をしている旨を伝えると、「本部の前では止められるかも知れません」とのこと。
止められたらやめます、と云って本部前に向かいます。

案の定止められました。

今回の主旨
「民主党本部に集まってきている既存のマスコミのみなさんに『記者クラブの開放について 賛成or反対』と質問をしに」
を警察の方に伝えると…

・民主党本部の前では、許可を得ている人しか撮影できない。
・どういう理由であっても、撮影するには本部の許可が必要。
・代表電話で撮影をしたい旨を伝えて、OKが出れば撮影可能。

ということ。

民主党本部前での撮影に関しては、可能性はまったくないわけではない、ということがわかっただけでも大収穫。
これからも「記者クラブ解放」についてはずっと追っていきます。
ただ、わたしが自主的に“政治”にかかわるのはこれだけです。
“政治”はむつかしくて、一度入ったらそれしかできなくなるほど大変そうなので。
あくまでも「インターネットで情報を配信している身として、記者クラブの解放という大きな出来事をこの目で見ていきたい」ということなのです。




◆そらの◆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/205-f8785032
Listed below are links to weblogs that reference
民主党本部突撃ダダ漏れしてきました! 二回目です from ケツダンポトフ

Home > ノンジャンル生中継 > 民主党本部突撃ダダ漏れしてきました! 二回目です

Live

>>PTFlive@Ustream<<
ダダ漏れテーマ曲♪

『ダ・ダ・ダ・ダダ漏れ』

携帯Site⇒music.jp
PC/iPhone⇒iTunes
QR
Categories
Schedule list

月表示
RecentEntry+Comment
Archives
RSSリンクの表示

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。