Home > スポンサー広告 > 民主党本部突撃ダダ漏れしてきました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/187-94bcab26
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ケツダンポトフ

Home > スポンサー広告 > 民主党本部突撃ダダ漏れしてきました!

Home > ノンジャンル生中継 > 民主党本部突撃ダダ漏れしてきました!

民主党本部突撃ダダ漏れしてきました!

民主党本部突撃してきました。

すごい報道関係者の数!
なにか発表でもあるのかと思うくらい(実際に発表があるときは、もっとすごいんだろうけど)。
警察の方もがんばって警備していました。

なんだか悪いことをしているような気分になりましたが、警察の方は意外とやさしかったです。
今回の突撃の用件です。
・民主党の記者会見中継の申請や取材の申請方法
・民主党の記者会見日程を知る方法
・選挙前から鳩山党首へのインタビューをメールで申し込み続けてるのですが、全くお返事がありません。どのようにしたらお返事をいただけますでしょうか


さすがに、本部内には乗り込めなかったのですが、お電話で報道担当の方とお話しすることができました。
明らかになったのが以下です。

・“政府”としての記者会見がオープンになるも、どういった手段で記者会見に出席できるかも、新政府が発足してからの9月16日以降でなければわからない。
問題は多いと思う(具体的な問題は明らかではない)が、記者会見をオープンにする方向ではある。
・“民主党”としての記者会見はすでにオープンなものなので、ホームページのニュースで確認して、身分証明書を持ってくれば取材をするのに会場へ入れる。
・鳩山代表への取材依頼に関しては、膨大な量の問い合わせがあるので見落としがち。
しかし、受けれるものには返事をしているし(大手メディアのみではない)、受けれないものには返事をしかねている場合もある。

ということ。

はじめは、また上司がとんでもないこと云いだしたよ、と思っていましたし、現在もまだピンとこない点も多々ありますが、これはもしかしたらすごいことなのかも知れない。
わたしのような得体の知れない媒体でも、“政府”の正式な記者会見に出席できて、それを世間に伝えることができる。その反面、セキュリティーの問題も出てくる。
政治はむつかしくてあまり好きではないけれど、記者クラブ解放に関してはこれからも追っていくつもりです。

【記者クラブ解放について民主党本部を突撃取材】その1


【記者クラブ解放について民主党本部を突撃取材】その2


◆そらの◆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/187-94bcab26
Listed below are links to weblogs that reference
民主党本部突撃ダダ漏れしてきました! from ケツダンポトフ

Home > ノンジャンル生中継 > 民主党本部突撃ダダ漏れしてきました!

Live

>>PTFlive@Ustream<<
ダダ漏れテーマ曲♪

『ダ・ダ・ダ・ダダ漏れ』

携帯Site⇒music.jp
PC/iPhone⇒iTunes
QR
Categories
Schedule list

月表示
RecentEntry+Comment
Archives
RSSリンクの表示

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。