Home > スポンサー広告 > トミモトさんに取材してきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/13-143a1a73
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ケツダンポトフ

Home > スポンサー広告 > トミモトさんに取材してきました

Home > 決断インタビュー > トミモトさんに取材してきました

トミモトさんに取材してきました

ゲンチ取材vol.1

今日は、初のアポイント取材に行ってきました

自分屋24のトミモトリエさんのところです

tomimotosun3.jpg

トミモトさんは自分のスケジュールを公開して、自分の時間を売っているんです
昨日のお知らせブログにも書きましたが、ブログにlive中継を貼るっていうのは
トミモトさんのサイトからアイデアをもらったんです


さぁ、このアポイント取材で聞いてくるのは
・“決断”してよかったことはなんですか
・“決断”して残念だったことはなんですか


では早速行ってきました


――思いついた時点で行動しちゃったんで

誰かに相談し決断する、どちらかで迷う、ということがあまりないといいます

現在のお仕事をする以前、服飾デザインのお仕事なさっていたというトミモトさん

お店も軌道に乗ってきて
・たくさん作ってもいいのでは → ○工場生産

そのとき作った服が19(ジューク)のPVで使われて、ランキングも常に上位
・これはいいチャンス → ○出版社に電話

「絶対売れる服があるので、載せてください!」と宝島社に電話
当時宝島社で扱っていた雑誌の中に、通販のページがあり、そこに載せてもらえることに
そして、その年ではトミモトさんのブランドがいちばん売れたそうです
ブランドとしても、ファンが付くなどしてとても盛り上がっていきました

また、前の会社でプロモーションに携わっていたときも
アルファブロガーと呼ばれるひとたちを知るために、ブログを読むことからはじめ
・ブログを知る → ○ブログを始める

live配信メディアが出始めたころ、おもしろそうなので試してみると、案の定おもしろい
そのチャットで話しているひとが、自分のいるところと近かったので逢いに行ったり
本当に思いついたらすぐ!の方です
・live配信メディアがおもしろかった → ○ブログに貼る

中のひと、プロフィールも書いてないひともいたり、どういうひとがわからない
だから、中のひとが見えたらおもしろいんじゃないか、「初めて(ブログに)きたひとがとまってくれるんじゃないか」
・中のひとが見えたらおもしろい → ○ブログでlive配信

配信媒体も二つ三つ試してみて、使い勝手とデザインの良さから迷わずに選んだそうで
ちなみに、選ばなかった方のの理由は「せっかくグローバルなサービスなのに、全然グローバルじゃない、閉じた感じ」と一蹴

服飾をしていたときも、プロモーションに携わっていたときも、トミモトさんのとった決断が功を奏しているのは、
その行動一つひとつに迷いがないからなんでしょうね


――気付かない後悔


ものごとと自分の行動の間にある、何らかの選択肢に気付かない

服飾のお仕事をされていたとき、ほとんど相談などはせずに決断をしてきた、トミモトさん
それと同時に「決断をする場所がなかった」とも
会社の向きが“売れるものを作れ”という風に変わっていき、自分の感性、感覚が鈍ってきたといいます
このときに、「そういうもの作りはできないという決断をすべきだったかも知れない」
でも、自分から始めた責任感などから「(辞めるなどの)決断ができないまま」続けていたら、カラダを壊してしまい、結果的にお店もつぶれてしまいました

ブロガー同士の飲み会があったのだが、それに気付いておらず、気付いたときには締め切りが過ぎていました
自分は、締め切りが過ぎている、とすぐ諦めてしまいなにもしなかったが
友達のひとりは、締め切りが過ぎていたが、連絡すると参加できたとのこと
その飲み会がすごく楽しそうだったらしく、なんでなにもしなかったんだ、とその年の後悔No.1になったそうです

選択したことによる後悔ではなく、選択肢を見付けることができなかった後悔、というのでしょうか
行動しなかった後悔は大きいですよね


――自分が選んだこと、すべて失敗だと思っていない

トミモトさんの取材と、今日で3日目の『ケツダンポトフ』を通して思ったことは、
“決断”は常に甲乙つけがたいどちらかが存在するわけではないということ、
“決断”結果のすべてに、よかった、悪かったは付くけれども、それはあくまでも瞬間的で
最終的には“よかった”と思える

そう、不味いカレー屋に入ったことも、不味いラーメン屋に入ったことも
不味いってわかったことがよかった、ってなるように


◆そらの◆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/13-143a1a73
Listed below are links to weblogs that reference
トミモトさんに取材してきました from ケツダンポトフ

Home > 決断インタビュー > トミモトさんに取材してきました

Live

>>PTFlive@Ustream<<
ダダ漏れテーマ曲♪

『ダ・ダ・ダ・ダダ漏れ』

携帯Site⇒music.jp
PC/iPhone⇒iTunes
QR
Categories
Schedule list

月表示
RecentEntry+Comment
Archives
RSSリンクの表示

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。