Home > スポンサー広告 > 【安定を捨てた30歳。転職で見えた新しい未来。】from:Haggyさん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

とにーの URL 2009-07-27 (月) 19:58

郵便局員は国家公務員じゃありません笑
地方公務員ですよ。。

Haggy/萩原こうじ URL 2009-07-28 (火) 08:11

>とにーのさん
平成2年当時、「国家公務員3種試験」に合格して
郵政省に入省しています。
ですので、「国家公務員」と述べたものです。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/115-b1d9e549
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ケツダンポトフ

Home > スポンサー広告 > 【安定を捨てた30歳。転職で見えた新しい未来。】from:Haggyさん

Home > ネット取材 > 【安定を捨てた30歳。転職で見えた新しい未来。】from:Haggyさん

【安定を捨てた30歳。転職で見えた新しい未来。】from:Haggyさん

ネット取材vol.28

安定した公務員生活を辞めて見えたものに、自分らしさを感じているHaggyさんのお話です。


Haggyさんは高校を卒業して、郵便局に勤めました。
郵便局員といえば、当時は国家公務員!
親戚のみなさんも「いちばんの親孝行だ」と喜ばれたそうです。
社会人になると、いろいろほしいものも出てきます。
好きに使えるお金ができると、何でもかんでもほしくなりますよね。

パソコンを買い、ローンで車も買い(よくわからないのでオプションはお店にお任せ)、物欲はとまりません。
遊ぶお金がなくなって、仕事のお付き合いで作ったカードに手を出しました。
何かの機会にどっと借りてから、返済が追い付かなくなってきて。
正直に親に打ち明け、裁判所に行き調停申請。
月々の返済額が17万から約9万に変わったそうです。

ちょうど郵便局員の不祥事が相次いだときです、局長から通帳のコピーの提出を求められ、「お金の使い方について」指摘を受けたといいます。
それ以後、何かしら監視されているような気分になり退職を決断しました。

Haggy: 仕事やめて
Haggy: クルマ処分して
Haggy: 彼女もいなくなって
Haggy: 決断の代償はデカかったです(笑)


彼女さんは8歳下、半同棲状態で結婚も考えていたそう。
「一度イヤになると、一気に気持ちがさめる」という彼女さん。
退職をきっかけに、彼女さんの気持ちが離れていくのをいやというほどを感じた、と。
電話で別れを告げられたとき、半分強がり半分本心でHaggyさんはこう云いました。

Haggy: 「ぼくは(きみと)別れたくないんだけど、
Haggy: そのことで(別れることで)きみが本当に
Haggy: しあわせになれるなら別れよう」


正直ショックも大きかったし、だいぶ引きずっていたが後悔はしていないといいます。
なにがあったか詳しくは聞いていないとのことですが、友達が彼女について「もう関わりたくない」と。
仲のいい人からそう聞かされ、具体的な話は何ひとつされないとなると、よっぽどのことがあったとしか思えませんよね。

公務員を辞め、初めて民間企業で働いたとき仕事のやりがいを感じたといいます。
自分の判断と責任で仕事ができる喜び。
警備責任者をやったときが印象的だったと。

Haggy: 吹雪で視界がまったくなくなったときに
Haggy: 「見えないので(作業を)中止してください」って(笑)
Haggy: ぼくの権限で現場を止めちゃいました(笑)


自分の指示ひとつで現場が動くって快感だと思います。
Haggyさんの言葉を借りれば「俺、輝いてるぜ」。

公務員になって、結婚して、退職金もらって…それが自分に求められている姿だと思っていたし、親孝行だと思っていた。
そのまま公務員でいたのなら、車も手放すことなく遊びまわっていただろうし、手に入れれるものは片っ端から手に入れていただろうとHaggyさんは云います。
私利私欲のままに。
でも、そういう生活でなくなったからこそ、自分らしさが見えてきたのではないか、と。

Haggy: どこへ向かってもいい
Haggy: もし、それが違う方向だと気づいたら
Haggy: 戻ってきてもいい
Haggy: 自分のいのちがいきいきとしていられるような状態が
Haggy: いちばんシアワセだと思うんですよね



ほしいものが手に入る環境ほど、自分を過信してしまうところはないと思います。
そこから抜け出したからこそ、本来のあるべき姿が見えたとHaggyさんは云います。
物欲がよくない、謙虚がいちばんとまでは云いませんが、自分を見つめなおすきっかけは必要なのですね。



~Haggyさんに誰の決断が聞いてみたいか聞きました~

気象予報士の半井小絵さん

アポイントとってみます


◆そらの◆

Comments:2

とにーの URL 2009-07-27 (月) 19:58

郵便局員は国家公務員じゃありません笑
地方公務員ですよ。。

Haggy/萩原こうじ URL 2009-07-28 (火) 08:11

>とにーのさん
平成2年当時、「国家公務員3種試験」に合格して
郵政省に入省しています。
ですので、「国家公務員」と述べたものです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ketudancom.blog47.fc2.com/tb.php/115-b1d9e549
Listed below are links to weblogs that reference
【安定を捨てた30歳。転職で見えた新しい未来。】from:Haggyさん from ケツダンポトフ

Home > ネット取材 > 【安定を捨てた30歳。転職で見えた新しい未来。】from:Haggyさん

Live

>>PTFlive@Ustream<<
ダダ漏れテーマ曲♪

『ダ・ダ・ダ・ダダ漏れ』

携帯Site⇒music.jp
PC/iPhone⇒iTunes
QR
Categories
Schedule list

月表示
RecentEntry+Comment
Archives
RSSリンクの表示

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。